自己破産にかんする問題

こちらでは、自己破産の流れを簡単に説明します。

自己破産の手続き

1. 弁護士に依頼…自己破産の手続きを弁護士に依頼します。

2. 取り立て停止…その後、弁護士から取立人(債権者)に取り立ての停止を通知します。

3. 書類準備…取り立てが停止されたら、各種書類の準備をします。

4. 破産手続き申し立て…弁護士が裁判所に破産手続きの申し立てを行います。破産手続きを開始するには裁判所の許可が必要です。

5. 破産手続きが実際に開始される…許可が下りたら、実際の手続きが開始されます。この手続きには一定以上の財産を持たない人が行う「同時廃止」と持つ人が行う「管財事件」の2種類があります。

6. 免責審尋…裁判所から申し立ての内容について質問を受けます。その後、免責の許可が下りれば終了です。