債務整理とは

債務整理とは、借金を返済するにあたって、債務者の負担を減らすための手続きです。債務整理には4種類の方法があります。

4種類の手続き

任意整理…利子の見直し、借金の減額の交渉などを行い、月々の返済額を減額する方法です。また、任意整理を行うことで過払い金が発生していることは判明することがあります。

過払い金請求…支払う必要が本来ないのに支払ってしまったお金を過払い金といいます。この過払い金を返還請求する方法です。

個人民事再生…現在の借金を3~5年の期間で返済するよう裁判者に認可を受ける方法です。

自己破産…どうしても返済ができる見通しのない人のための手段です。借金の支払い義務がなくなりますが、相応のリスクもあります。具体的な手続きは「自己破産にかんする問題」の記事をご覧ください。