Latest Posts

良い弁護士を見つけるには

こちらでは、良い弁護士の探し方をお知らせします。 リアルな口コミが一番 ここでいう口コミとは、オンライン上のレビューではなく、実際の友人や親戚などからの紹介という意味です。法律がかかわる問題は、合法違法かの分かれ目になることもありますから、必ず信頼のおける弁護士を探すべきです。信頼のおける人の利用体験が聞けるならばそれが一番です。 弁護士会や法テラスで紹介してもらう 法律相談専門の機関にまずは無料相談し、弁護士を紹介してもらうのもいいでしょう。相談内容に当てはまる専門分野を扱う弁護士を見つけてくれるはずです。 また、担当の弁護士と合わなければ案件の途中で変えても構いません。自分の人生を左右する問題を任せる相手ですから、いくら慎重になってもなりすぎるということはありません。

自己破産にかんする問題

こちらでは、自己破産の流れを簡単に説明します。 自己破産の手続き 1. 弁護士に依頼…自己破産の手続きを弁護士に依頼します。 2. 取り立て停止…その後、弁護士から取立人(債権者)に取り立ての停止を通知します。 3. 書類準備…取り立てが停止されたら、各種書類の準備をします。 4. 破産手続き申し立て…弁護士が裁判所に破産手続きの申し立てを行います。破産手続きを開始するには裁判所の許可が必要です。 5. 破産手続きが実際に開始される…許可が下りたら、実際の手続きが開始されます。この手続きには一定以上の財産を持たない人が行う「同時廃止」と持つ人が行う「管財事件」の2種類があります。 6. 免責審尋…裁判所から申し立ての内容について質問を受けます。その後、免責の許可が下りれば終了です。

法律相談のメリット

ここでは、法律相談を行うことで得られるメリットをお知らせします。 合法かつ最善の解決 法律の専門家が対応することで、法を犯すことなく、考えられうる中で最善の道を示してくれるはずです。また人によって事情や受け止め方は異なるので、「どういう方向に持っていきたいか」という希望や思いも伝えてみるといいでしょう。すべて思い通りに行くとは限りませんが、相談者に寄り添ったアドバイスをしてもらえる可能性が上がります。 二次トラブルの予防 また、専門家に相談することで今後起こる可能性のあるトラブルも防げる可能性があります。 パニックになった人間は、状況を冷静に見られず行動してしまうこともあります。客観的な意見をもらい、先の行動について見つめ直す機会を得られることもメリットの一つです。

法律相談のコツ

こちらでは、法律相談をする際に、より適切なアドバイスを受けるためのコツをお知らせします。 法律相談ではこれを意識しよう なるべく当事者が相談に行く…起きたことについて一番知っているのは当事者なので、もし身内や友人についての相談でもなるべく本人を連れて行くようにしましょう。複数人が関係している場合はなるべく全員で相談をするのがいいでしょう。 事実を隠さずすべて話す…「恥ずかしいことだから話せない」と一部の事実を隠してしまう人もいますが、すべての情報を隠さずに提供することは適切な提案を受けるために大変重要です。 出来事を時系列にまとめておく…相談前に起きたことを時間順にまとめ、話をわかりやすくしておきましょう。頭の中だけでなく紙に書き出しておくのをおすすめします。

有益な情報の探し方

この記事では、自分の疑問や悩みの解決につながる情報の探し方の秘訣を紹介します。 まずは政府の情報を探す 法律に関連する一時情報は、すべて政府のもとにあります。つまり一番信頼できる、信頼の根拠となる情報は政府関連のサイトに記載されているはずです。多くのケースで法律の原文が見られることでしょう。 法律を説明してくれている専門家のサイトを探す しかし、法律の原文にたどり着いたとしても、その意味を理解するのが困難な時もあります。そこで、条文やその番号の解説を検索すると良いでしょう。インターネット上には沢山の法律専門サイトがありますが、その中から信頼できる情報発信者を見つけることが重要になります。その方法については「ネット上の法律アドバイス」の記事をご覧になり、お役立てください。

債務整理とは

債務整理とは、借金を返済するにあたって、債務者の負担を減らすための手続きです。債務整理には4種類の方法があります。 4種類の手続き 任意整理…利子の見直し、借金の減額の交渉などを行い、月々の返済額を減額する方法です。また、任意整理を行うことで過払い金が発生していることは判明することがあります。 過払い金請求…支払う必要が本来ないのに支払ってしまったお金を過払い金といいます。この過払い金を返還請求する方法です。 個人民事再生…現在の借金を3~5年の期間で返済するよう裁判者に認可を受ける方法です。 自己破産…どうしても返済ができる見通しのない人のための手段です。借金の支払い義務がなくなりますが、相応のリスクもあります。具体的な手続きは「自己破産にかんする問題」の記事をご覧ください。

借金問題の法律相談

ここでは、借金問題を抱えた場合に相談できる機関を紹介します。 借金の相談ができる機関 役所などの自治体…市役所、区役所、村役場などの自治体の機関では、借金に関する相談窓口を設けています。相談会の開催予定を聞いたりサイトでチェックしたりしてみましょう。 金融庁の財務局…電話相談ができます。一般的な借金問題よりも、ヤミ金融など違法性のある相談により積極的に対応しています。 国民生活センター… 多重債務の専用相談窓口があり、弁護士への引継ぎも行っています。 法テラス…無料で法律相談ができますが、収入等の条件があるので事前に確認しましょう。 日本クレジットカウンセリング協会…借金の無料相談ができる公益財団法人です。ケースによっては無料で任意整理までしてくれる機関です。

ネット上の法律アドバイス

今や法律にかんするアドバイスは、オンラインでも簡単に見つけられる時代です。 しかし、見つけた情報が間違っていたり、情報提供者の利益優先で発信されていたりすると、知らないうちに法を犯してしまう事態にもなりかねません。 信用できる情報を見極めるには 運営会社を見る…個人ブログよりは法人が運営しているサイトを見つけましょう。しかし、企業のサイトだからといって盲目的に信頼するのもよくありません。そこで、さらに記事執筆者の経歴を確認しましょう。 情報発信者の経歴を見る…信頼するに足る資格や経歴、実績を持っているかどうかが重要です。法律の決まりは日々更新されていきます。素人が本を読んで書いたような記事ではなく、きちんと知識をアップデートしている専門家が発信する情報を探しましょう。